2016年01月01日

年末の和歌山



近くの渓谷を散歩してきました。



渓谷沿いにあった炭窯跡。
傾斜を利用して、前面は石造り。
10年以上前から使われていません。
備長炭の需要が無くなってきているのでしょうか?




半ば放置の林内。
右の斜面は岩がゴロゴロして、あちらこちらに獣道が出来ていました。
今流行り?のボランティアでも入れて手入れすれば良いのにと思ってしまいます。

森林ボランティアなどをしていると、森の状況が気になります。
森の維持管理募集なんかハローワークにでない?

同じカテゴリー(身近な出来事)の記事画像
東海自然歩道
ボケの花
2016年 春
20数年ぶり
東海自然歩道
夜間のお客
同じカテゴリー(身近な出来事)の記事
 東海自然歩道 (2016-05-12 22:13)
 ボケの花 (2016-03-27 21:00)
 2016年 春 (2016-03-23 15:25)
 画像なし (2016-01-27 21:38)
 20数年ぶり (2016-01-04 14:33)
 東海自然歩道 (2015-06-22 21:09)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。